膀胱炎膀胱炎は一度発症すると繰り返しなってしまうことが多い病気です。 体の抵抗力が落ちている時に、尿道口から大腸菌などの細菌が膀胱の中に入り、炎症を起こすのです。
膀胱炎の主な症状は、頻尿や排尿時の痛み、尿色の濁りなどがあり、気になる人は専門の医師の診断を受けましょう。
スポンサードリンク


<膀胱炎の症状の知識>
膀胱炎 ■膀胱炎の症状は女性に起こりやすい?
一般的に膀胱炎の症状は、女性に起こりやすいのです。
女性は男性に比べて尿道が短く、肛門や膣に近いからといえます。

膀胱炎 ■膀胱炎の症状
膀胱炎の症状というのは、どのようなものなのでしょうか。
主な症状としては、トイレが近くなる症状、いわゆる頻尿や排尿のときの痛み、尿の色が濁ってしまうなどが主な症状です。 膀胱炎をそのままにしておくと、腎盂腎炎という膀胱炎よりも重い病気になってしまうことがあります。

膀胱炎 ■膀胱炎の原因は?
膀胱炎の発症の原因は細菌感染です。
細菌の感染は、尿道から膀胱に入って起きますが、膀胱の中の尿には細菌が少量存在しています。 膀胱には細菌への抵抗力があるので、通常は膀胱炎を発症しません。
しかし疲労や寝不足などで、体の抵抗力が弱くなると細菌に感染しやすくなり、膀胱の中の細菌が増殖して膀胱炎が発症してしまうのです。

膀胱炎 ■膀胱炎の治療の方法
膀胱炎の治療の方法は、その原因や膀胱炎の種類と程度によって異なり、軽度の膀胱炎の場合は、薬などを使わずに自然治癒で治していきます。
水分を多く摂取して排尿を促し、膀胱内に溜まった細菌を体外に排出するのです。 ですが急性膀胱炎や一部の慢性膀胱炎などの場合は、抗生物質や抗菌材の投与で治療していくことになります。

プライバシーポリシー

当サイトでは、Adsense広告のあるサイトやYouTubeなどの外部サイト閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくはこちら(興味関心に基づく広告-AdSenseヘルプ)をご覧ください。 膀胱炎
サイト管理者

このサイトを購読する

RSS登録

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せや 相互リンクについては
voice☆momentone.net
までお願いします。 ☆マークを@に変更してください。